eventイベント

【開催報告】2020.10.29自然保育にまつわるあれこれお話し会

2020年10月29日、信陵子育て支援センターぽれぽれさんにて

tentenコミュニティメンバー
×
ホールアース自然学校 福島校 和田祐樹さん
森のようちえん こめらっこ 土屋美香さん
郡山女子短期大学 柴田卓さん

で「自然保育にまつわるあれこれお話し会」を開催しました。

「自然保育って他県から転入されているお母さんたちで求めている方が多いのでは?そんなお母さんたちとざっくばらんに話してみたい」と和田さんからご提案があり、
私も自然保育に興味のある転入者として「やりましょーー!」と開催を即決しました。
自然保育がいいなと漠然と思っていた私、
「自然保育って自然の中で放置する保育??」
「どんな力が身についてどんな大人になることを想定している??」
そんな素朴な疑問を聞いて話すことができて、自然保育に対する思いがよりポジティブなものになりました。
今日、特に学んだことはこの3つ。
・自然保育とは自然を舞台にして行う幼児教育であること(自然≠野放し)
・できるできないではなく、その子が何に興味があるかを見てそれを肯定して認めてあげること
・子どもたちが自分が価値ある人間だと思えるようにその根幹を作ること
せっかく自然という舞台が身近にある福島県。
教育の選択肢として、福島県でももっともっと自然保育が身近に増えるといいなと切に思いました。
このような県外出身の女性の意見を聞きたい!というご要望はございませんか?
商品開発や、プロジェクト作りのニーズ調査に役立つはずです。
ご要望の属性の転入女性を集めることもできますので、お気軽にお問合せ下さい。

SHARE

お友達に情報をシェアしよう

FOLLOW

イベント情報や福島での暮らしに役立つ情報の配信しています。
福島転入女性のコミュニティーに参加しませんか?

PageTop