eventイベント

【開催報告】2020.12.10tentencafe@郡山 積水ハウスシャーウッド展示場

12月10日、今年度2回目となる郡山市でのtentencafeを開催しました。
今回も積水ハウス郡山支店さんにご協力いただき、会場はシャーウッド展示場で開催。

今回も郡山市をはじめ田村市や須賀川市から9名の女性達が参加してくれました。
小さなお子様連れの方も。積水ハウスのスタッフ3名の方にもスタッフさんとしてではなく、一人の女性としてご参加いただきました。
恒例の自己紹介で皆さんの出身地を聞くと、今回は関西弁の方が多い!珍しく西日本出身者がスタッフを含め5名も。東北福島ではなかなか出会えない西日本出身者です。

自己紹介の中で子育ての情報交換をした方と、郡山の暮らしについて知りたい方と別れていたので、今回は最初からそのグループに分かれて情報交換を行いました。

子育てについては、
子供の預け先や保育園の入所状況、産後の頼れる場所など、幼いお子さんを持つ転入女性なら早めに知りたい情報をお互い交換。同じ郡山市が運営する支援センターでも、ここの支援センターは予約が取りやすいなど、経験者からのリアルな情報も。
またこのコロナ禍で福島での仕事を見つけることが難しく、転入前の仕事を在宅で取組んでる方も数名おり、仕事中子供はどうしている?実際在宅ワークで集中できる?一日どのくらいの時間仕事している?家から出るきっかけはどう作っている?などリアルな悩みから、在宅ワークでの注意点や工夫なども情報交換をしました。

郡山の暮らしの情報については、
おすすめのカフェやレストランの情報を積水ハウススタッフの方から教えてもらったり、郡山から海外旅行に行く際にどこの空港を利用するのがいいのか、その空港までのおススメのアクセス情報などを交換しました。

どちらのグループも話が盛り上がり、あっという間の2時間。
tentencafe修了後はお互いに連絡先を交換したり、話が尽きず駐車場でずっと話し込む参加者の方も。

こうやって郡山市で仲間を作り、一人でも気軽に連絡を取れる方ができると一気に暮らしは楽しくなります。そのキッカケとなるtentencafe。
今年度の郡山開催はこれで終わりになりますが、来年度も継続して開催していきたいです。

今回は、親が近くにいない転入者の味方、宅配サービスを行う「生活クラブ」さんからのサンプル提供もありました。
また積水ハウスさんにはお茶菓子の提供と小さなお子様の託児もしていただきました。
ご協力をありがとうございました。

 

ふくしま転入女性コミュニティ
(tentenコミュニティ)に参加しませんか?

福島へ移住・転入を考えていて情報収集がしたい、移住・転入してきたけど知り合いがなかなかできない、と不安や不便さを感じていませんか?
tentenでは転入先の暮らしに少しでも早く慣れるように、そして思う存分楽しめるようにFacebookグループで福島転入女性のためのゆるいコミュニティを立ち上げました。
すでに住んでいる転入者から福島の情報を教えてもらったり、仲間づくりに役立ててください。
※2020年12月現在約200名が参加しています。

詳しくはこちら LINE@でも情報を発信しています

SHARE

お友達に情報をシェアしよう

PageTop