暮らす

新生活にも要チェック!福島市内の100均マップ、作ってみました!

福島市

私たちの生活になくてはならない存在の100円均一ショップ、通称100均。
消耗品ストックや季節行事の飾りつけ、プレゼントのラッピングなどなど、様々なシーンで大活躍ですよね。
この春から福島市での新生活をスタートさせた方は、新生活で必要なちょっとしたものは100均で!ということも多いかと思います。
今回は福島市の100均情報をマップ付きでまとめてみましたので、ぜひご活用いただければと思います。

福島市内に100均は14店舗。ほとんどが主要道路沿いか福島駅周辺に集中!

2019年3月現在、福島市内には100均が14店舗あります。内訳は以下の通り。

DAISO 7店舗 : Seria 5店舗 : Can Do 1店舗 : シルク 1店舗

下のマップを見ていただければわかる通り、多くの店舗は主要道路沿いか福島駅周辺に集中しています。

個人的見解ですが、店舗数ではダイソーが圧倒的に多いのかと思いきや、セリアの店舗数が意外と多くてびっくりしました。また、耳にしたことはあったけど実際に入ったことはなかったシルクというお店の存在も気になります。

 

店舗数NO.1、困った時のDAISO(ダイソー)は圧倒的商品数でなんでも揃う!

市内に7店舗。
バラエティに富んだ品揃えと商品数が自慢です。100円商品以外にも50円単位で様々な価格帯の商品があり、大体何でも揃います。困った時はとりあえずダイソーへ、という方も多いようです。
食品コーナーでは調味料、乾麺、缶詰、レトルト食品、パンやお菓子・ドリンクまで買えるのも嬉しいポイント。中でも私が特にすごいと思うのが絵本や塗り絵などの出版物コーナー。とても100円とは思えないクオリティで、親子共々よく利用しています。
私がよく利用するダイソーヨークタウン福島野田店は、ダイソーで購入したフィルムバルーンにヘリウムガスをいれてくれるサービスがあります。子どもの誕生日や記念日など特別な日にいかがでしょうか。

▶ダイソー公式サイト
https://www.daiso-sangyo.co.jp/

 

手作りやDIYの味方、Seria(セリア)はおしゃれ女子に大人気!

市内に5店舗。
主に女性をターゲットにしており、DIYやリメイク・ハンドメイド向けの商品が多め。
公式サイトでは店舗に置いている材料で作れるアクセサリーやインテリア雑貨、お菓子など、手作りレシピを無料で公開しています。コスメも雑誌で取り上げられるほどクオリティが高いと話題です。
メーカーとの共同開発を行っており、日本製の商品が多いのも特長。また、お客様の声をプライベートブランド商品に取り入れるなど、消費者に近い会社であるのも嬉しいですね。
製菓の材料以外の食品の取り扱いはほとんどないようです。
ちなみに、セリアの店舗には緑のロゴと茶色のロゴの2種類あります。茶色のロゴの店舗は、店内照明、内装、手作りコーナーの設置など、提案型の店作りを目指した新タイプの店舗とのこと。(基本的な品揃えは同じです。)

▶Seria(セリア)公式サイト
https://www.seria-group.com/

 

Can Do(キャンドゥ)の目玉はインスタやブロガーとのコラボ商品、オリジナルキャラもいるよ

市内に1店舗。
Instagramで話題のワンちゃんや人気ブロガーさんとのコラボ商品だったり、「Do! STARS」というプライベートブランド商品にかなり力を入れています。デザインはシンプルなのものが多く、主婦層に人気が高いようです。
キャンドゥには「はっ犬ワンドゥ」というイメージキャラクターがいて、店内ポップやレジ袋にプリントされており目を引きます。全国各地の店舗でワンドゥと一緒に写真を撮れるイベントを開催したり、公式サイトでワンドゥのプロモーションムービーを公開したりと、他の会社にはない独自性を感じますね。
キャンドゥやのめ店は福島市内の100均では珍しく21:50まで営業しています。大型店舗なので急遽必要なものができてしまった時、他の店が閉店後も駆け込むことができて安心です。

▶Can★Do(キャンドゥ)公式サイト
https://www.cando-web.co.jp/

 

地域密着型の100均!親しみやすい雰囲気のシルク

市内に1店舗。
㈱Watts(ワッツ)グループが母体。「“いつも”によりそう100円ショップ」をコンセプトに、「ワッツ」「ミーツ」「シルク」を国内約1,000店舗展開しています。
店舗ごとに地域の個性にあった店舗デザインや品揃えを変えているそうで、地域密着型の100均と言えそうです。
シルク方木田店はどんなお店か電話で聞いてみた所、商品数は多く品揃えは自信があるとのこと!コープマートと共に長年営業しているため、お客様はご年配の方も多く、あえて庶民的で親しみやすい雰囲気の店舗づくりをしているそうですよ。
ご年配のお客様リクエストのバケツや雑巾といった日用品から、SNS映えすると話題のアイテムまで品揃えは多岐にわたります。大手の100均に行き尽くしたら、一度のぞいてみると楽しいかもしれません。

▶株式会社ワッツ 100円ショップ公式サイト
https://www.watts-jp.com/

 

まとめ

今回は福島市内の100均についてまとめてみました。
改めて調べてみると、ダイソー、セリア、キャンドゥ、シルクそれぞれに特色があるのに気づきます。店舗までの近さで選ぶのではなく、用途や気分に応じて使い分けしてみるのもいいですね。
ちなみに最も早い通常開店時間は9:30でセリアヨークベニマル平野店、最も遅い閉店時間は21:50でキャンドゥやのめ店です。覚えておくと何かの時に役に立つかもしれませんよ!
10月には増税が予定されている今、100均をフル活用して乗り切りましょう!

SHARE

お友達に情報をシェアしよう

FOLLOW

イベント情報や福島での暮らしに役立つ情報の配信しています。
福島転入女性のコミュニティーに参加しませんか?

関連記事

記事を探す

PageTop