食べる買う遊ぶ子育て(幼児)福島に暮らしている方へ

相馬福島道路が開通!相馬市で子どもと一緒に楽しめるスポットを紹介!

相馬市
相双

海を見るのは、いつぶりだろう…!
山に囲まれた福島市での生活が早数年。海の近くで育った私は、久しぶりの海に浮足立っていました。
相馬福島道路が2021年4月に全線開通し、福島市から相馬市まで約1時間とアクセスが便利になりました。この機会に1歳の子どもと一緒に初めて相馬市の松川浦へ行ってみました。海水浴場や、こども公園、子どもと一緒に楽しめるスポットをご紹介します!

子連れで楽しめる相馬市のおすすめルートをご紹介!

相馬ICから約15分で、松川浦へ到着。
松川浦は、福島県内有数の海の景勝地。そして震災前は良港として栄えた場所です。今回はこの松川浦を中心に、子どもと一緒に楽しめるルートを紹介します。
①原釜尾浜海水浴場で海遊び
②浜の駅松川浦でランチ&お買い物
③尾浜こども公園で遊具遊び
いずれのスポットも皆近く、車で10分以内と移動がらくちん。
移動距離が少ないので、小さい子どもと一緒でも苦になりませんでした。

原釜尾浜海水浴場で海を感じよう!

▲初めての海、海水が冷たかったね

相馬市松川浦へ行ったら、まずは海へ行ってみよう!
遠浅で波が穏やかな原釜尾浜海水浴場があります。
令和3年の海開きは7月17日(土)予定。私が行った時はまだ海開きはしていませんでしたが天気がよかったので、海辺で散歩をする人や足だけチャプチャプつかっている人などたくさんの人で賑わっていました。ビーチバレーのコートもあり、バレーを楽しむ家族の姿もありましたよ。
青い空とどこまでも続く海を眺めているだけで、開放的な気持ちになりリフレッシュできました。

原釜尾浜海水浴場
https://soma-kanko.jp/information/2021haragamaobamakaisuiyokujyou/

「浜の駅松川浦」で新鮮な海の幸のランチ&お買い物をしよう!

▲青空がよく似合う浜の駅松川浦(公式ホームページより)

尾浜海水浴場のすぐ近くに、浜の駅松川浦があります。
震災前は国内でも有数の良港として栄えた松川浦漁港。この施設は原発事故の風評被害を払拭し浜の賑わいを取り戻すため、復興のシンボルとして建設されたそうです。
そんな想いがつまった浜の駅松川浦には、地元で採れる新鮮な海産物や野菜がたくさん販売されています。

ランチで新鮮な海の幸を堪能!

▲海鮮丼1500円

▲しらす2色丼1000円

浜の駅内に併設されている食堂「くぁせっと」でお昼ごはん。
夫は海鮮丼、私はしらす丼をチョイス。海鮮丼のネタはひとつひとつが大きい!特にタコがプリプリで美味しかったです。しらすは息子にほとんど食べられてしまうほど甘みがありました。卵と混ぜるとまた一味違う美味しさ!味噌汁は2種類のだし汁から選べ、その日はタイのだし汁のお味噌汁を頂きました。魚介のお味噌汁はなかなか家では食べられませんよね。
子ども用の食事椅子も貸出があり、初めての外食デビューも無事に乗り切りました。

新鮮な海産物を買って帰ろう!

相馬で採れる魚は身質の良さも折り紙つきで「常磐もの」とよばれているそうです。
ヒラメ、カレイ、タコ、メダイなど、毎日漁港から届いた新鮮な魚介類が販売されています。
お土産には松川浦の名産「あおさのり」と「しらす」を購入。その日の夕飯は、さっそく天ぷらを作りました。子どももパクパク、家族にも大好評でした!たくさん入っていて値段もお財布に優しい、主婦の味方です。「ナメタガレイ」も購入し、ぷりぷりの白身に箸が止まらない!とても美味しかったです。
季節ごとに旬の魚も違うので、何度行っても楽しめるのも嬉しいポイント。
スーパーにある鮮魚コーナーの何倍もの規模と品ぞろえの豊富さに興奮!もっとゆっくり、じっくり見たい!と思いました。是非立ち寄ってみてくださいね。

浜の駅松川浦
https://www.hamanoeki.com/index.html

「尾浜こども公園」は子どもが喜ぶ遊具がたくさん!

浜の駅松川浦から車で5分ほど走ったところに、尾浜こども公園があります。こちらの公園も震災後に復興のシンボルとして開園されたそうです。
まず目に留まるのは、風車をモチーフにした大きな遊具!その他にも大小さまざまな遊具があり、子どもは大喜び。

▲0歳~1歳の子ども用の遊び場もありました

▲屋内の交流館も、広くて遊具もたくさん!(相馬市ホームページより)

他にも館内で遊べる交流館もあり、雨の日や暑すぎる日でも遊べる嬉しいスポット。サッカーコート1面分の芝生や、ジョギングコースもあり、小さな子どもから大人まで楽しめます。
併設のトイレもとても綺麗に整備されています。オムツ交換台が設置されている多目的トイレも広く、子ども連れで行くには安心です。

尾浜こども公園
https://www.city.soma.fukushima.jp/kosodatesite/shisetsu/shisetsu/8985.html

まとめ

福島市から少し足を延ばして海を見に行くだけで、ちょっと旅行気分。初めての相馬の松川浦は、控えめに言ってとっても楽しかった!
まだまだ知らない福島の魅力を再発見しました。
今回は子どもが小さいこともあり、行動範囲をかなり狭くしました。相馬市にはもっともっと楽しそうな場所がたくさんあるみたいですよ。
福島を知る旅はまだまだ続きそうです。

 

【関連記事】
日本一早い山開き!子連れハイキングにオススメ。鹿狼山(かろうさん)に山登りにおいでよ。
https://tenten-f.info/article/1022/

福島ビギナー必見!福島市から県内外主要地までの所要時間&アクセス情報!
https://tenten-f.info/article/1128/

 

ふくしま転入女性コミュニティ
(tentenコミュニティ)に参加しませんか?

福島へ移住・転入を考えていて情報収集がしたい、移住・転入してきたけど知り合いがなかなかできない、と不安や不便さを感じていませんか?
tentenでは転入先の暮らしに少しでも早く慣れるように、そして思う存分楽しめるようにFacebookグループで福島転入女性のためのゆるいコミュニティを立ち上げました。
すでに住んでいる転入者から福島の情報を教えてもらったり、仲間づくりに役立ててください。
※2020年12月現在約200名が参加しています。

詳しくはこちら LINE@でも情報を発信しています

SHARE

お友達に情報をシェアしよう

関連記事

記事を探す

PageTop