暮らす

台風19号・福島県内の状況について(10/15)(Bridge for Fukushima×ホールアース自然学校×tenten共同プロジェクト)

暮らす

連休明けの今日。
被害の大きかった市町村では学校、幼稚園・保育園が休みなる措置がとられているところも。
JR東北本線もまだ通常運行にはならず。

また各市町村で災害ボランティアセンターが立ち上がり、ボランティアの受入が始まりました。
Bridge for Fukushimaも伊達市梁川のボランティアセンターの運営に加わることに。

tenten代表の藤本は、本日は本宮市内の被害が大きかった中心部で復旧作業の手伝いを行ってきました。

本宮市内

本宮市新本宮舘~駅周辺(10/15 14:30現在)

水は完全に引き、水につかったものを外に出し、畳を乾かしたり、ゴミを分別したり、使うものは水洗いする作業を住民が協力して行っていた。
本宮市はボランティアセンターも立ち上がり、午後よりボランティアの活動も始まった。
荷物の片付けは徐々に進んでいるものの、道路の泥はまだ取り除く余裕はない。
冠水したヨークベニマル前の道路では泥が乾燥し、その上を車が通るたびに粉塵が舞い上がっていた。

関連記事

記事を探す

PageTop