子育て

子どもの遊び場、子育て相談、行政窓口まで揃った郡山市のニコニコこども館の魅力を徹底調査!

郡山市

私が子どもを持って感じたことは「子育てと行政は切っても切り離せない」ということです。
現在、子どもとの生活には児童手当や医療費助成はもちろんのこと、母子健康手帳の交付や予防接種、健診、子育て相談、遊び場など行政のサポートはなくてはならない存在です。
その行政のサービスは地域によって異なりますが、郡山市の子育て支援は全国でも最先端と転入前から評判を聞いていて、一体どのようなサービスがあるのか気になっていたのです。
そしてこの春に郡山市へ転入した私。
3人の子どもとの生活をより楽しむべく、早速、最先端の子育て支援を集約した施設「ニコニコこども館」に詳しく話を聞いてきました!

ニコニコこども館は妊娠~18歳までの子どもに関することを全面サポート!

ニコニコこども館ってどんなところ?

ニコニコこども館は正式名称、郡山市こども総合支援センターと言い、地元の方には「ニコ館」と呼ばれて親しまれています。
次代を担う子どもたちが、明るく健やかに成長する環境づくりのために保健・福祉・教育が一体となって子どもや子育て家族を総合的に支援する拠点として設立され、平成21年に開所しました。
子育て支援に関わる団体との協力も行い、地域社会全体で「子育てが楽しくなるまち」づくりを進めています。
およそ100人の職員方々で運営されており、保育士、保健師、助産師など資格を持つ専門の方も常駐しています。

私が郡山市へ転入して、地元の方に子どもがいると話すと、「ニコ館に行くといいよ!」と一番最初にすすめられました。
地域に根付き、市民の方に愛されている施設なんだなと感じました。

▲1F大型遊具

 

▲1Fファミリーひろば

 

▲4F図書館

利用者目線のサービスが充実!市民の声を取り入れて造られた施設

ニコニコこども館の魅力は、ここに来れば遊びから子どもに関する行政の手続き全般(、母子健康手帳の交付、児童手当、医療費助成など)が賄えるところ。
これまで転勤で様々な場所で子育て支援を利用してきましたが、妊娠・出産・子育て・遊びが揃った施設は初めてです。
設立に際しては、市民の方と検討会を開き、どのようなサービスが必要なのかを話し合ったそう。

・健診(ニコニコこども館でも行っています)、子どもに関する手続きを集約。
・一時保育の実施
・雨天時でものびのび遊べる施設

など利用者である市民の声を積極的に取り入れ、更に行政側でも利用しやすいサービスを考えて作られています。

職員・利用者の方に聞いたおすすめサービスと利用方法

充実した施設内容ですが、市民の方は実際どのように活用しているのか?
ぜひ利用するべきサービスは何か?
など職員の方や利用者の皆さんから教えてもらいました。

利用者からも絶賛の声!朝早くから夕方まで利用可能!土日祝日も開館

ニコニコこども館の魅力の一つが開館時間の長さ!
午前8時30分から午後6時まで。休館日以外は土日祝日も利用可能。
子育てには時間のやりくりがとても重要!
仕事終わりや幼稚園・学校の登園登校後など、自分のライフスタイルに合わせて来館可能なのは、子どもを持つ身としてとても助かります。
幼稚園や学校終わりの14時以降の利用者も多く、お昼時の12時から14時くらいまでは比較的空いているそうです。
自分のペースにあった時間を見つけてみて下さい。

一時保育は500円で土日祝日も利用可能!

郡山市の一時保育は公立保育所でも行っていますが、このニコニコこども館でも実施しています。

2Fに一時保育室があり、郡山市に住所がある生後4ヶ月から就学前の児童を対象として、月3回まで、なんと1人1回500円で利用できます。(最長4時間30分まで)
これは安い!
そして、利用理由は問いません!仕事や病気などでなくても、家事やリフレッシュのためにと気軽に利用できます。
人気のサービスの為、予約開始からすぐに定員が埋まってしまうことも多いのだとか。
特に学校行事の日は利用希望が多いそうです。
ご利用の際は早目の予約をおすすめします。

*ニコニコこども館が閉館の場合は一時保育室も閉所。くわしくはこちらからhttps://www.city.koriyama.lg.jp/kosodate/mokuteki/azukari/ichiji/14949.html

遊びながら子育て相談!各コーナーに配置されている見守りスタッフは有資格職員

3F屋上のさんさんひろばや4F運動体験コーナーなどにも見守りのスッタフの方が配置されています。
我が家でさんさんひろばを初めて利用した際のことです。
思いっきり遊んだ後、水分補給しようと水道に向かうと、見守りのスタッフの方が紙コップとティッシュを渡してくれました。
このきめ細やかなサポートには感動です!
黄色のエプロンをつけたスタッフの方は保育士さんだそう。
見守りの他に子どもを遊ばせながら育児相談が気軽にできるようにもなっています。

この時間を狙ってくる利用者多数!1Fファミリーひろばで行われる保育士による手遊びや工作の時間が人気

1Fファミリーひろばで行われる保育士による手遊びや工作の時間が1日2回、日替わりの内容で設けられています。
体操の時間もあり、家庭ではなかなかできないことが楽しめるので、この時間の利用者は多いそうです。

平成29年からの新事業!ネウボラ子育て支援事業 妊娠・出産・子育てを切れ目なくサポート

「ニコニコこども館=遊び場」と認識している方も多いのだそうですが、行政の窓口もたくさん設置されています。
ネウボラとはフィンランドの言葉で「アドバイスを受ける場所」という意味があります。
このネウボラは女性の妊娠から出産、子育ての期間、その子どもの周りに起こる色々な問題に対して一貫した総合的なサービスを提供する子育て支援機関になります。
このネウボラ事業がニコニコこども館でも平成29年からスタートしたそう。
その名も「ニコニコサポート」。
行政のサービスは妊娠出産など、その時々で担当が変わってしまい、相談しにくくなってしまいがちです。
その不安を解消し、安心して妊娠期から子育て期を過ごせるように助産師・保健師が切れ目なくサポートを行ってくれるのがネウボラ。
さらに郡山市のネウボラでは、妊娠から出産まで同じ担当者が支援を行うそうなので信頼関係も築けます。

悩みや困ったことがあればまずは電話でいいのでご相談くださいとのこと。状況に応じて訪問相談なども行っているそうです。
引越ししたばかりで、地理が分からないし子連れで外出出来ない!なんて時にも安心してサポートを受けられますね!
相談内容に対して、専門職員やサービスの紹介もしてくれ、問題解決に向けて一緒に取り組んでくれます。
詳しくはこちらをご確認ください。https://www.city.koriyama.lg.jp/kosodate/kosodateshien/kosodateshienjigyo/10024.html

お昼ごはんやおやつも購入できる!食品販売サービス

利用者の「売店のようなお昼ごはんやおやつが買える場所が欲しい」との声で実現したのが、正午から午後1時30分までの食品販売サービスです。(売り切れ次第終了となります)
障がい者支援事業の一環として、月曜日から金曜日まで毎日日替わりで各障がい者授産施設の方が食品を販売します。毎日違うメニューが楽しめるのも嬉しいですね。

価格帯は100円代~とお手頃。パンが中心の日やお弁当の日、クッキーなどのお菓子がある日など日替わりで様々な商品を楽しめます。
館内には飲食スペースもあるのですぐ食べることも出来ますが、お昼までニコニコこども館で遊んで、ここでお昼ご飯を購入して帰り、自宅で食べる人も多いそうです。

子育て支援アプリ!郡山市ニコサポアプリ(母子モ)

なんとアプリに登録すると郡山市の子育てに関するこんな情報を簡単に確認することができます!

①郡山市の子育て支援施設検索(医療機関、幼稚園・保育園、公園、子育て施設など)
自宅の住所を登録すると、自宅周辺の施設を地図上で確認できるようになります。引越ししたばかりで土地勘が無い私も重宝しています。

②子育てに必要な情報が届く
市のホームページや広報紙の情報をスマホに直接配信。健診のお知らせも届くのは嬉しい!

③イベント情報をまとめて確認できる
ニコニコこども館や子育て支援センターで行なわれるイベントが一覧で表示され、詳細や会場地図、過去の様子などを見ることができます。

他にも予防接種管理機能や子どもの成長記録機能などがついていてとても便利です。
これまでは、病院や遊び、健診などその時々でスマホとにらめっこしながらサイトを変えて検索していた情報。しかし、このアプリは子ども関する情報が集約されているので、子育て主婦の強い味方です!

▶母子モ
https://www.mchh.jp/login

まとめ

子どもに関するサービス全般を担うニコニコこども館。
ニコニコこども館は乳幼児向けの施設なのかと思っていましたが、妊娠前の時期から就学中の不登校や学校生活の相談、DV相談と、カウンセリング室も設けられていて、「ニコニコこども館に来れば受けられる子どもに関すること」のサポートの多さに驚きました。
こんなにも子どもに関して充実した行政の施設はこれまで住んできた土地で初めてで、スマホアプリまで活用できる郡山市の最先端の子育て事業には感動です!
まさにこんな施設が欲しかった!という存在。
館内にはアンケートBOXが設定されていて、常に利用者の声を取り入れる取り組みがされています。今後もより良いサービスを行えるように事業展開していくそうです。
これからのニコニコこども館もとても楽しみ!
私はこれまで転勤で色々な地域の子育て支援施設を利用しましたが、各地でそのサービスは様々。
その場所での特徴を生活に活かしながら、子育てライフを楽しめたらいいですね!

近隣地域の子どもの遊び場として福島市の室内遊び場の記事がありますので参考にしてください。今後郡山の子供の遊び場も掲載していけたらと思っています。
▶子どもと今日はどこへ行こう!?福島市の屋内遊び場ついて調べてみました!その①
https://tenten-f.info/article/339/

▶ニコニコ子ども館
住所:〒963-8025 福島県郡山市桑野一丁目2-3
電話番号:024-924-2525
開館時間:午前8時30分から午後6時
休館日:毎月第3土曜日とその翌日、年末年始(12月29日から1月3日)
《施設内容》
1F 遊びのフロア
大型遊具も完備し、雨の日でも遊べる屋内遊び場。
2F 子どもの健康と福祉のフロア
妊娠~子育てに関する行政の窓口(母子健康手帳の交付や児童手当、医療費助成の申請)、一時保育室
3F 体験活動フロア
屋上広場、研修室
4F 学びのフロア
図書館、キッズシアター、運動体験コーナー、事故防止モデルルーム
5F こども相談と教育支援のフロア
不登校児の支援、相談、個別指導、子育て・家庭相談、カウンセリング
*詳しくは郡山市子育てサイトをご参照ください。
https://www.city.koriyama.lg.jp/kosodate/kosodateshien/kosodateshienshisetsu/10059.html

SHARE

お友達に情報をシェアしよう

FOLLOW

イベント情報や福島での暮らしに役立つ情報の配信しています。
福島転入女性のコミュニティーに参加しませんか?

関連記事

記事を探す

PageTop