遊ぶ子育て(幼児)子育て(学童)福島に暮らしている方へ

福島市で水遊びもできるおすすめ公園3選 夏休みは密を避けて水遊びに出かけよう

県北
福島市

もうすぐ夏休みが始まりますね。
さて、長い長い夏休み。子どもたちをどこに連れて行こうか、今から頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。
そんな方のために、福島市で水遊びもできる公園3選をピックアップしてみました。
我が家の水遊びおでかけグッズもご紹介しますよ。夏休みのお出かけ候補に入れてみてくださいね!

福島市で水遊びができるおすすめ公園3選

福島市にはたくさん公園がありますが、春~夏の時期だけ水場で遊べるようになる公園があります。
私がおすすめする公園は以下の3つです。

  • 十六沼公園(福島市大笹生)
  • 四季の里(福島市荒井)
  • 信夫山公園(福島市太子堂)

車での移動を基本に、詳しくご説明していきます。

十六沼公園は体をいっぱい動かして遊びたいお子さんにおすすめ

十六沼公園は、JR福島駅から飯坂街道(県道3号)経由で北西方向に車で約15分のところにあります。
テニス場などのスポーツ施設が併設されている大きな公園で、ドーム型のトランポリン「ぴょんぴょんドーム」は子どもたちから大人気です。

屋根付きのぴょんぴょんドームは日差しや雨も防げます

▲屋根付きのぴょんぴょんドームは日差しや雨も防げます

水遊びができる噴水は公園の入口正面にあります。数分おきに水の出方が変わり、そのたび子どもたちから歓声が挙がります。
公園遊びの途中にちょっとだけ噴水で遊ぶ子もいれば、水遊び目的で水着でがっつり遊ぶ子もいて、楽しみ方は様々です。

噴水やぴょんぴょんドームの他にも、公園内には大型複合遊具、ブランコ、小高い丘などがあり、そりや段ボールでそり滑りをする家族連れもいます。天気の良い土日はキッチンカーでかき氷やポテトなどの軽食を販売していることも。
体を動かして元気いっぱい遊びたいというお子さんは大満足間違いなしですよ!

▶十六沼公園
福島県福島市大笹生字爼板山341番地
電話:024-558-6151
利用時間:9:00~21:00(夏休み期間中は8:30から利用可能)
※噴水は4月~9月
駐車場:約800台(内 屋根付き運動場98台)
入園料:無料
JR福島駅より車で約15分

 

四季の里は食事や工芸品の絵付け体験もできて一日遊べる

四季の里は、JR福島駅から国道115号経由で南西方面に車で約25分のところにあります。

敷地内には、レストラン、ジェラート屋さん、おみやげ店、工芸体験施設、屋根付きの遊び場などがあります。
円形花壇や植物園が整備されていて、季節の花を見ながらお散歩も楽しめますよ。

じゃぶちゃぷ池は親子で遊んでいるご家庭が多いです

▲じゃぶちゃぷ池は親子で遊んでいるご家族が多いです

公園の入口正面に、扇状に広がる「じゃぶちゃぷ池」があります。深いところでも大人の足首くらいの水位なので、赤ちゃんでも大人と一緒に遊べます。壁づたいの管からシャワーのように水が落ちてくるので、滝のように打たれて遊ぶ子も。
水場の近くには日陰がないので、帽子やラッシュガード、日傘などで暑さ対策をしてくださいね。

敷地内には他にも、ボール遊びができる屋根付き運動場、ザイルクライミング(縄でできたジャングルジム)、バッテリーカーなど、子どもが楽しめる設備がたくさん。
レストランや軽食処、ジェラート屋さんもあるので、遊び疲れたときの食事や休憩にもうってつけです。
工芸館では「ガラスの絵付け彫り」や「こけしの絵付け」などが体験できます。「木製キーホルダー絵付け」などは小さなお子さんでも体験できますよ。

遊んで食べて体験して。四季の里で特別な休日を過ごしてみてはいかがでしょうか。

▶四季の里
福島県福島市荒井字上鷺西1-1
電話:024-593-0101
開園時間:9:00~21:00
※施設の利用時間は各館ごとに異なります
休園日:年末年始及び施設点検日を除き無休
駐車場:177台
入園料:無料
福島駅から車で約25分

※オリンピック競技の期間中は、あづま総合運動公園及び四季の里周辺で交通規制が行われますのでご注意ください。
7月21日(水)、22日(木)…ソフトボール競技
7月28日(水)…野球競技

 

信夫山(しのぶやま)公園はのんびり散策もおすすめ

信夫山公園は、JR福島駅から国道13号経由で北東方面に車で約10分のところにあります。桜の名所としても親しまれている公園です。
噴水のある場所は、信夫山入口近くの公園駐車場から階段で降りたところです。

噴水の広場は駐車場から少し距離があります

▲噴水の広場は駐車場から少し距離があります

広場の中央に噴水があります。噴水の勢いに強弱がついたり、ミストが出たりして、水の出方が変わります。
小さなお子さんには噴水わきの小川のように水が流れる水路がおすすめ。
水位は浅く、流れもゆるやかなので、赤ちゃんでも安心して遊ぶことができますよ。

ステージを使用していないときは日差しをしのぐこともできます

▲ステージを使用していないときは日差しをしのぐこともできます

水遊びの後は、信夫山の散策はいかがでしょうか。
遊具のある公園で過ごすもよし、信夫山の展望台で福島市の街並みを一望するもよし、神社にお参りするもよし、カフェ「信夫山文庫」でほっこりランチを食べるもよし、楽しみ方は色々です。
信夫山公園は、自然豊かな緑に囲まれて、のんびりした休日を過ごすのにピッタリの場所ですよ。
信夫山特集の記事も参考にしてみてくださいね。

行ったことある?!福島市の中央にある信夫山の楽しみ方を教えます!
https://tenten-f.info/article/450/

▶信夫山公園
福島県福島市太子堂1 外
電話:024-525-3765(公園緑地課)
営業時間:終日
※噴水は4月~9月
駐車場:あり(約50台)
福島駅から車で約10分

我が家の水遊びお出かけグッズをご紹介

ここからは、子ども2人と水遊び&公園遊びに行くときの我が家の持ち物をご紹介します。
水場のある公園に行く時は、家で子どもに水着を着せて、午前中の日差しが弱い時間を狙って早めに出発。
水遊び&公園遊びの所要時間は合わせて2~3時間になるパターンが多いです。
水着から洋服への着替えは、我が家ではレジャーシートを敷いてバスタオルで隠しながら着替えたり、車内で着替えたりしています。荷物は増えますが、簡易テントを持っていけば人目を気にすることなく着替えられますよ。

水遊びの子どもと大人の準備物

■子供の準備物…大きめトートバッグに入れる

  • 水着、ラッシュガード、日よけの帽子(子どもに着せていく)
  • スナップボタン付きバスタオル
  • 着替え一式
  • 濡れたものを入れる大きめのビニール袋やジップロック
  • レジャーシート
  • 子どもの水筒

■大人の準備物…リュックに入れる

  • 水筒(横ポケット)
  • 日傘(横ポケット)
  • 帽子
  • 貴重品

車にあると便利な準備物

■車にあると便利な準備物

  • 保冷剤(チャイルドシートを冷やしておくため)
  • 車用サンシェード
  • チャイルドシート日よけカバー
  • うちわ
  • 日焼け止めクリーム
  • 虫よけスプレー
  • ウェットティッシュ
  • ばんそうこうなど応急処置セット
  • サンダル(靴が濡れたときの替え)

 

水遊び&公園遊びを100%楽しむためには、事前準備は重要です!
公園内での着替えや移動がスムーズにできるよう、ぜひ参考にしてくださいね。

まとめ

福島市で水遊びもできるおすすめ公園3選をご紹介しました。
車で公園に水遊びに行くなら、朝早く、開園直後がねらい目です。
朝早いと駐車場が割とすいていて、公園入口に近い場所に車を停めることができますよ。
福島市の夏は猛暑になることが多いので、昼~午後の暑い時間に活動する場合は注意しましょう。
事前にしっかり準備して、夏の水遊び&公園遊びを満喫してくださいね!

【関連記事】
行ったことある?!福島市の中央にある信夫山の楽しみ方を教えます!
https://tenten-f.info/article/450/

子どもと今日はどこへ行こう!?福島市の屋内遊び場ついて調べてみました!その①
https://tenten-f.info/article/339/

子どもと今日はどこへ行こう!?伊達市の屋内遊び場について調べてみました!その①~パレオパーク~
https://tenten-f.info/article/494/

ふくしま転入女性コミュニティ
(tentenコミュニティ)に参加しませんか?

福島へ移住・転入を考えていて情報収集がしたい、移住・転入してきたけど知り合いがなかなかできない、と不安や不便さを感じていませんか?
tentenでは転入先の暮らしに少しでも早く慣れるように、そして思う存分楽しめるようにFacebookグループで福島転入女性のためのゆるいコミュニティを立ち上げました。
すでに住んでいる転入者から福島の情報を教えてもらったり、仲間づくりに役立ててください。
※2020年12月現在約200名が参加しています。

詳しくはこちら LINE@でも情報を発信しています

SHARE

お友達に情報をシェアしよう

関連記事

記事を探す

PageTop