暮らす

行ったことある?!福島市の中央にある信夫山の楽しみ方を教えます!

福島市

信夫山とは、全国でも珍しい盆地の真ん中に残る里山で、福島市のほぼ中心に位置し周囲7キロに渡る福島市のシンボルです。
中央に羽黒山(標高260m)、西に羽山(標高275m)、東に熊野山(標高268m)と峰が連なり、古くから山岳信仰の山と崇められ、各頂上には神仏が祀られています。羽黒神社の側、足尾神社には福島の祭事わらじ祭りの大わらじ(なんと長さ12m、重さ2t)が奉納されており、多くの伝説や歴史が残る神秘的な山なのです!また、四季折々の花々と野鳥が楽しめ是非一度行って頂きたいスポットです。
しかし、信夫山に行ったことがないという方、何をしにいくところか分からないという方も多いのではないでしょうか。
今回はそんな方に、信夫山の楽しみ方を紹介していきたいと思います!

実は車でも登れちゃう!まずは、気軽に福島市を一望できる展望台へ行ってみよう!

信夫山は、山道が整備されており山を周遊する事が出来ます!
車で行ける展望台も3か所あり、福島市を一望できます!
お勧めは、第二展望台を目指すコースです。
信夫山にはいくつか入り口がありますが、ハローワークの奥にある入り口から入ります。
信夫山噴水広場からスタートし、護国神社、桜並木を通り過ぎます。この通りは、春には桜祭りが開かれ、多くの人と屋台で盛り上がります。信夫山ガイドセンターを通り過ぎ、さらに登ると広々とした第二展望台と公園が見えてきます。


第二展望台からは福島市の東部が一望でき、その眺めは最高です。
中でも福島競馬場の広さは圧巻!レースが開催されていたら、競争馬も見られるかもしれません!
転入してこられたばかりの方には福島市の地理を把握するのにもいいかもしれません。
※狭い道が多いので対向車にご注意くださいね。

気軽にハイキングができる信夫山。1500年前の歴史を感じながら、神社仏閣巡りを楽しんでみては?

山岳信仰の山とされる信夫山は、神社・仏閣が多い場所です。
参道を歩きながら歴史を感じ、花や鳥などを観察するのも良いですね!
信夫山のハイキングコースは、信夫山ガイドセンターが作成しているコースだとたくさんありますが、私のお勧めは、ガイドセンターからから羽黒神社・大わらじへと歩く基本の御神坂を歩くコースです。

羽黒神社

2月の信夫三山暁参りで奉納された高さ12mもの大わらじを見ることができます。

羽黒神社へと向かう旧参道御神坂では、念仏橋の板碑や大鳥居、羽黒観音、ねこ稲荷、六供(ろっく)と呼ばれる小宮が有ります。

6つの小宮

このコースを歩く時には、信夫山の歴史を知っていると当時の情景に思いを馳せながら歩く事が出来きます。
約1500年前頃、29代欽明天皇の後、兄弟で王位を争い弟が30代敏達天皇となりました。敗れた兄、淳中太尊(ヌナカフトノミコト)が信夫山に逃げ込み、後に羽黒大権現となり、羽黒神社に祀られていると伝えられています。また、敗れた兄を案じて追いかけてきた母(欽明天皇のお后、敏達天皇の母)は、この地で亡くなったため黒沼大明神として祀られたと言われているそう。
皇后が、この福島の地で祀られているなんて全く知らず驚きです!
黒沼神社の境内には、皇室の菊花紋章があります。是非チェックしてみて欲しい場所の一つです。
淳中太尊の亡き後、家来6人が六供僧となりそれぞれ奉持する宮を持ち、宮を守って来たそうです。なんと、そのご子孫が今でも守り続けているそうです。

また、羽黒大権現が持ち込んだとされるゆずの種。信夫山の中でも、不思議とこの集落でしか出来ない北限のゆずを栽培してらっしゃいます。5月ごろには小さなかわいい、ゆずの白い花が見られるかもしれません!

このほかにもたくさんコースがあり、何回もハイキングを楽しめる信夫山です。

信夫山の事ならここ!ガイドセンターへ行ってみよう!!

信夫山へ来たけど、もっと詳しく知りたい!ちょっと休憩したい。ハイキングコースを教えて欲しいなど、信夫山の事なら何でもおまかせ!!そこが、信夫山ガイドセンターです。
信夫山の中腹に、福島市を一望できる展望休憩室、屋上は展望ルーフがあり、ワークショップなどが出来る多目的室を備える施設です。こちらの施設には、ガイドさんが常駐しており、信夫山の事を丁寧に教えてくれます。
また、駐車場も完備しているので気軽に行く事が出来ます。
1階のデッキでは、信夫山でしか見ることができない信夫山のマスコットキャラクターわらじいと、山伏ももりんがお出迎えしてくれます。ここでしか、手に入らないグッズも販売しているので是非チェックしてみてくださいね。
2階の展望休憩室からは、晴れているとなんと遠く白河の山まで見えるそうです!
そんな景色を見ながら、のんびりコーヒーを飲むのもいいですね。

小腹が減ったらちょっと一息。信夫山のふもとにある信夫山文庫でたくさんの本で癒されよう。

歩き疲れたら、信夫山のふもとにある本カフェ信夫山文庫をおすすめします。
こちらは、太子堂駐車場の近くに有る昔懐かしい雰囲気が漂う古民家カフェです。


コーヒーはもちろん、スイーツもあり、私は今回、ぜんざいを頂きました。甘さ控えめでおいしかったです。
店名の名の通り、沢山の本が置いてあります。本を読みながらのんびり過ごすのもいいですね。
数量限定のランチもお勧めですよ。煮物や野菜中心のヘルシーな和食ランチです。

まとめ

信夫山について調べていると、皇室と深い繋がりのある山だという事、載せきれない程面白い伝説がたくさん有るという事を知りました!
1500年前の伝説に思いを馳せながら、信夫山へ来てみるとまた違った楽しみ方が出来ますよ。
信夫山は街中で気軽にハイキングができるお手軽スポットです。
お天気の良い日には、是非信夫山へ遊びに行ってみて下さいね!
今年のGWの10連休のお出かけ候補にいかがですか?

▶信夫山ガイドセンター
〒960-8252福島県福島市御山字甘粕17
定休日:毎週水曜日
開館時間:10:00~17:00(シーズンにより変更あり)
駐車場:有
入館料:無料
TEL:024-572-6042
公式サイト:http://www.shinobuyama.info/

▶信夫山文庫
〒960-8023 福島市大明神6
定休日:火曜日と第1·3水曜日
営業時間:11:00~16:30
TEL:024‐534‐2558
ブログ「信夫山文庫日々雑記」:https://sinobun.exblog.jp/
食べログ:https://tabelog.com/fukushima/A0701/A070101/7012497/

SHARE

お友達に情報をシェアしよう

FOLLOW

イベント情報や福島での暮らしに役立つ情報の配信しています。
福島転入女性のコミュニティーに参加しませんか?

関連記事

記事を探す

PageTop